イベントライブ顛末記


JUNON・リクエストサロン 07th /2019.4.19



 近郊の街にあるカフェで久しぶりに歌わせていただいた。知人経由で一昨年5月に最初のライブ依頼があり、その年に計4度、翌年にも2度依頼があったが、経営者家族の健康上の事情で、昨年7月を最後に依頼が途絶えた。
 その後、常連客の要望や健康問題の小康などがあり、9ヶ月ぶりの開催がようやく決まった。健康でなければライブは開けないし、歌うことも叶わない。

 いつも通り13時半にお店に到着し、14時からスタート。長いブランクがあったせいか、客の入りはいまひとつ。いつも聴きにきてくれる小学校時代の恩師も、多忙で案内状を出すのをつい忘れてしまい、姿が見えない。
 聴き手は顔なじみの常連客ばかりで、やりやすい部分とマンネリによる難しい部分の両面があった。前半40分は私のセレクションで10曲を歌う。


「木綿のハンカチーフ」
「蘇州夜曲」
「さくら(直太朗)」
「宗右衛門町ブルース」
「くれないホテル」(初披露)
「野ばら(メドレー)」
「ハナミズキ」
「港が見える丘」
「異邦人」
「天使のウィンク」


 春にちなんだ曲が構成の中心で、演歌や洋楽はそれぞれ1曲にとどめた。高齢者中心の場だが、介護施設系の曲はほとんどなく、比較的新しい傾向の曲が中心。
 基本的に私の歌を聴きたい方々が集っているので、進行自体に大きな緊張感はなく、歌そのものに集中できる環境が整っていた。

 10曲目に出来たてのオリジナルを歌う予定でいたが、時間が押していて断念。ライブ間隔が短いときはマンネリ回避を意図してオリジナルを数曲歌ってきたが、今回に限ればそれほど意識する必要はない。

 10分の休憩後、後半開始。冒頭で前回終了後に常連客から提案のあった「歌声タイム」を設けることになっていた。
 この店では一度もやっていない企画だが、これまたマンネリ回避のためには意味ある試みだった。
 セルフアンコールを含め、45分で11曲を歌う。
(※は歌詞カード配布曲、他はリクエスト)


「瀬戸の花嫁」※
「いつでも夢を」※
「みかんの花咲く丘」※
「高校三年生」※
「恋の季節」(コラボ演奏)
「くちなしの花」
「さざんかの宿」
「私鉄沿線」
「千の風になって」
「つぐない」
「世界に一つだけの花」(セルフアンコール)


 前半4曲は歌詞カードを休憩中に配り、全員で斉唱する歌声形式をとったが、大半の方が一緒に歌ってくれた。
 当初の希望は「瀬戸の花嫁」「いつでも夢を」の2曲だけだったが、裏面に印刷しておいた予備2曲も「ぜひ歌いたい」との声。よいメリハリになったように思える。

 この4曲にはいつも一緒に歌っているお店の常連S子さんもリード役として参加。次なるリクエストタイムの1曲目「恋の季節」もコラボ演奏したが、リハなしの一発勝負にも関わらず、見事にサイドボーカルをつけてくれて、会場の喝采を浴びた。

 歌声タイムでかなりの時間を費やし、その分リクエストへの対応は減ってしまったが、前回あたりからリクエストが途絶える時間帯が出始めていたので、これくらいの比率が程よいのかもしれない。

 予定ぴったりの15時半に終えたが、前回終了後に「アンコールがなかった…」との声があり、その旨を会場に告げて、自主アンコールとして平成で最も売れたという「世界に一つだけの花」を歌って収めた。
 アンコールは本来、客かお店が仕掛けるものだが、ライブに不慣れな場では歌い手側から仕掛けるのもアリだろう。

 久しぶりのライブで取り仕切るお店のママさんも大変そうだったが、ともかくも無事に再開&再会できたことを喜びたい。


 

北海道神宮フォークうたごえまつり /2019.6.15



 北海道神宮祭の関連イベント「北海道神宮フォークうたごえまつり」に、4年ぶりに出演した。今年で17回目の伝統あるイベントで、私は2005年に初めて出演。その後2年続けて出て、4年後の2011年と、さらに4年後の2015年にも出た。
 今回が6度目の出演で、だいたい1/3は出ていることになる。

 主催は地域FMの三角山放送局。当初はイベントとしての知名度が低く、2005年の出演者は7組だった。最初の数回は1組2曲歌えたが、2007年から応募者の急増で枠が12組に増え、曲は1組1曲限定となった。
 2005年まではコンテスト形式で優勝と優秀賞2組を選んでいたが、2006年からそれも廃止され、単なる音楽イベントとして定着した。

 最近の出演枠は15組だが、例年その倍は申込数があるという。応募者多数の場合は抽選で決定、と募集要項にあるが、実際には全体のバランスをとりつつ、事務局による予備審査で最終決定されるのではないか。

 今回久しぶりにエントリーする気になったのは、4年ごとの節目にあたるほか、10月に古希を迎えることが大きな理由だった。
 62歳で出演した地区センター夏祭りイベントで、「今後の目標は?」と進行の方に突然問われ、「そうですね…、では70歳まで歌い続けることにしましょうか」と咄嗟に答えたもの。
 当初は単なる思いつきのつもりが、年を重ねるにつれ、次第にそれが現実の目標へと変貌していった。たとえささやかでも、人生にはやはり目標が必要なのだと思う。

 2年前に咳喘息を発症し、喉を致命的に傷めて活動の継続が怪しくなったが、病院での治療と食事や日々の節制、練習法の改善などで懸命の対策を試み、その後じょじょに回復。誕生日まであと4ヶ月あるが、密かな目標は達成できたと自己評価したい。

 当日は空模様が怪しく、予報よりも早い15時過ぎから雨がぱらつき始めた。会場は北海道神宮境内にある土俵の上。屋外だが屋根があって歌うには支障がなく、雨天決行が原則である。

 妻を伴って車で出発。17時5分前に最寄りの駐車場に着き、そこから境内まで傘をさしてテクテク歩く。控室入りは17時15分で、進行の方と簡単な打合せをし、静かに出番を待つ。
 私の出演順は5番目。たまには1番をやってみたいが、今回も外れた。

 雨は本降りにはならず、帽子があれば凌げる程度。しかし、雨の影響でいつもより観客は少なく、開始の18時時点で50〜60名ほどだった。
 18時13分からライブは始まったが、出番2つ前にはステージ裏のテントにいなくてはならず、18時20分には控室から自主的に移動した。

 トントン進んで、あっという間に出番。今年は初参加が多いそうで、古株として自分が選ばれた理由もなるほどと納得できる。

 リハの類いは一切なく、音響も一発勝負である。譜面台は用意してくれるが、シールドケーブルは各自が持参。直前の演奏者がインタビューを受けているわずかな時間にスタンバイする。
 客はじょじょに増えて100名弱。ステージに立つと、最前列に座る客から声をかけられた。以前によく通っていたフォーク居酒屋の常連客で、ママさんの顔も見える。他の出演者がらみで、応援にやってきたようだ。歌う前のわずかな時間に「しばらくです」と挨拶を交わす。

 タイムスケジュール通り、18時37分から歌い始めた。今回の選曲は、ふきのとうの「風来坊」。特に路上ライブでは抜群の集客効果があるノリのいい曲で、いきなり会場から手拍子が飛び出してびっくりした。

 以降、その会場のノリに合わせる感じで歌い進める。歌詞は4番まであって、1〜2番の間には間奏がなく、2〜3番の間には短い間奏がある。しかし、曲が長引いてせっかくの手拍子が細くなってはいけないと思い、咄嗟の判断でこの間奏は飛ばした。
 冗漫を避ける意味で3〜4番の間奏はさすがに省かず、ラストも譜面通り。最後まで手拍子が途切れることはなく、これといったミスもなく歌い終える。「坂は続く、続く〜♪」というラストのフレーズが、いまの自分の心境にピタリはまっている気がした。

 終了後のインタビューで活動歴や年齢のことなど聞かれたが、隠さずそのまま披露。70歳はあくまで自分の内なる目標であって、ことさら強調して客におもねる気はないが、同年代の方にとっては何かしらの励みになるかもしれない。

 終わって引き上げる途中、最前列で盛んに声援を送ってくれたSさんがやってきて、硬い握手と言葉を交わす。ガンを患って以来、店からはしばし遠ざかっているが、音楽仲間はいいものだな…、と思った。

 他の出演者を10組くらいまで見届けたあと、翌日も午前中から遠方でライブがあるので、早めに会場を出た。事務局から幕の内弁当、缶ビール、ギフト券などいただき、帰宅後に遅めの夕食をとる。
 節目の今回が最後と思っていたが、もし歌い続けられていたら、そのうちまたエントリーするかもしれない。いざ終わってみると、そんな欲が出てきた。